ホイスコーレ札幌 第21期 第12回講義 修了式

2018.11.17 Saturday 16:21
0

     

     

    第21期「ホイスコーレ札幌」第12回の講義(11月14日)は、レストラン「フォレスタ・ビアンカ」で行われ、ファゴットの石黒 玲先生とピアノの前田朋子先生による楽器の説明と演奏でした。ファゴットの語源、葦のリードの説明、管の長さ、音の性質、石黒先生がファゴットを選んだ理由など興味深いお話しがありました。モーツァルトの「ファゴット協奏曲」、プチークの「小言の多いお爺さん」、サンサーンスの「動物の謝肉祭」、オペラの「愛の妙薬」、などのクラシック音楽を演奏されました。また、八代亜紀の「舟歌」、美空ひばりの「真っ赤な太陽」も演奏されましたが、皆涙が出るほど感動しました。ファゴットのソロ演奏を聴いたことのある人は2名だけで、他の受講生には初めてのことでした。最後に前田先生が「ホイスコーレ札幌の歌」を初見でピアノ演奏され、一同驚きと感激に包まれました。

    第21期「ホイスコーレ札幌」の修了式が第12回講義に引き続き挙行されました。生越代表の挨拶の後、受講生人一人に修了証書が手渡されました。式終了後昼食会に移り、本日の先生方も参加してレストランのイタリア料理を楽しみました。マイクが廻され、食事を摂りながら参加者全員がテーブルスピーチを行いました。多くの話題と情報が披露されました。生越代表手作りの陶器がまだもらっていない受講生にプレゼントされ、さらにジャンケンで数名の方に贈られました。いつものように会は盛り上がり、時間を超過して終わりました。

     

       

     

       

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

        

     

     

     

     

     

     

     

         ←クリックお願いします。  
      生涯学習ランキング

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    余市研修旅行

    2018.11.10 Saturday 12:37
    0

       

      2018119

      「角 幸博名誉教授の講義による」―旧下ヨイチ運上屋  旧余市福原漁場 研修旅行― 27名参加

       

      行程 札幌駅鐘の広場−旧下ヨイチ運上屋−旧余市福原漁場−ホテル水明閣昼食−フゴッペ洞窟−札幌駅

       

      予報は雨、しかし「ホイスコーレ札幌」受講生パワーで雨に降られず成功裡に終えました。

      角 幸博名誉教授の講義とレジュメに添って旧下ヨイチ運上屋、旧余市福原漁場を余市町教育委員会の浅野敏昭氏の軽妙、闊達な案内をいただきました。レジュメの見るべき項目に皆で丸を付けながらの見学でした。網倉、便所、物置は注目でした。

      受講生は札幌にながく住みながら初めての見学者が多く、好奇心旺盛な質問にも丁寧にお答えいただきました。

      ニシン漁場は貴重な北海道の歴史であり、大切に保存することを受講生は心に刻みました。

      フゴッペ洞窟は少年が発見したのです。すっかりリニューアルされ見学を初めてする受講生もあり

      説明に興味深くここでも質問が多く出ました。

      1500年前の人間の生きる様を想像することはとてもロマンのあることでした。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

           ←クリックお願いします。  
        生涯学習ランキング

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ホイスコーレ札幌 第21期 第11回

      2018.11.07 Wednesday 13:57
      0

         

         

         第21期「ホイスコーレ札幌」第11回の講義は、北海道名誉教授の安藤厚先生による「映像をとおしてみるドストエフスキーの世界」でした。今回は先生の4回目の講義です。いつものように受講生がドストエフスキーの文章を読みながら講義が進みました。ロシアで2014年に制作されたドラマ「悪霊」のDVDを見ながらの講義でした。「悪鬼ども(悪霊)」はモスクワで起きた過激派青年グループ内の同士殺害事件、いわゆる「ネチャーエフ事件」を素材としています。日本の赤軍の話しに通ずるものがありました。受講生たちは異常な物語に身じろぎもせず視聴していました。先生による一連のロシア文学の映像を通しての紹介と解説が終わりました。

         また、第22期ホイスコーレ札幌の受講生募集を始めました。 

         秋晴れの良い天気の一日でした。北大のイチョウ並木も見頃です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

             ←クリックお願いします。  
          生涯学習ランキング

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ホイスコーレ札幌 第21期  第10回

        2018.11.01 Thursday 16:35
        0

           

           

           

          第21期「ホイスコーレ札幌」第10回の講義(10月31日)は、ジュジョール建築研究・北海道スペイン協会副会長の木下㤗男先生による『スペイン・カタロニアの建築家:ガウディとジュジュール』でした。講義の内容は、機冒和ぜ圓頬ちたスペイン・”カタルーニャ“、供頬務て擦醗娚阿粉慙△離好撻ぅ鵝”カタルーニャ、掘縫ウディの教会堂;サクラダファミリア贖罪聖堂:1882-(未完)、検縫ウディの中の「ジュジョール」后縫献絅献隋璽襪龍飢馥押┘皀鵐侫Д蝓雫飢馥押1926-(未完);実測調査から、此砲發Π譴弔離献腑献紂璽襪侶築表層から芸術へ、でした。ガウディ―についてはいろいろ聞く機会がありますが、ジョジョールは初めて聴く人が多く、興味深い講義でした。両者の建築の美しい写真も多数見せていただきました。質問が多数でましたが、丁寧な答えを頂きました。ちなみにスペインに行ったことがあるかを受講生に聞いたところ、多数の人が手を挙げたのには驚きました。

           講義終了後、余市研修旅行参加者が居残り、打ち合わせを行いました。 

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

               ←クリックお願いします。  
            生涯学習ランキング

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          ホイスコーレ札幌 第21期 第9回

          2018.10.18 Thursday 15:40
          0

             

             

             第21期「ホイスコーレ札幌」第9回の講義(10月17日)は、詩人・美術評論家の柴橋伴夫先生による「『前衛のランナー 勅使河原蒼風と勅使河原宏』を書きおえて」でした。これまでの伝統的な生け花を改革し、草月流を創始した蒼風とその後継者宏についての講義でした。その内容は、1.草月流と蒼風(創流と苦闘の日々、前衛の旗―日本の戦後時間、海外での活躍・評価、「古事記」連作などー壮大な作品づくり)、2.勅使河原宏の芸術―創作の原点・基点にあるものとは(太平洋戦争の体験、社会的運動に参画、映画の世界へ、プロダクションを設立)、3.勅使河原宏の「竹」(越前に草月陶房を、竹と出会う、壮大な「竹の繭」)でした。このような分野の独特の雰囲気が伝わる講義でした。

             11月9日に余市に行き、前回の角先生の講義で紹介された「旧ヨイチ運上屋」や「旧余市福原漁場」を見学するバスツアーを計画し、参加者を募集しました。

             講義終了後、柴橋先生と共に写真を撮りました。そろそろ紅葉の美しい遠友学舎です。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

                 ←クリックお願いします。  
              生涯学習ランキング

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            ホイスコーレ札幌 第21期 第8回

            2018.10.10 Wednesday 16:05
            0

               

               

               

              第21期「ホイスコーレ札幌」第8回の講義(10月10日)は、北海道大学名誉教授の角 幸博先生による「北の民家から」でした。先生は博物館網走監獄館長、NPO法人歴史的地域資産研究機構代表理事も務められています。北海道の代表的なかつ歴史的な民家について、写真を観ながらの講義でした。まず、アイヌのチセについてその構造、機能、生活について説明されました。次いで伊達市にある三戸部家住宅、留萌郡小平町にある旧花田家番屋、寿都町橋本家、旧小納家、岩見沢市にある国兼家住宅(旧竹野家住宅)、余市町の旧下ヨイチ運上家、八反田家住宅、江差の横山家、上ノ国の旧笹浪家住宅などについて、それぞれの民家の歴史、構造、現状を説明されました。同時に家屋についての特殊な用語の説明がありました。

               本日の講義には、角先生を紹介された第13期講師の信田美砂絵氏が聴講に来られました。また、株式会社佐藤デザイン室の佐藤裕子氏が参加されました。

               講義終了後、遠友学舎前で先生方と一緒に集合写真を撮りました。

               

               

               

               

               

               

               

               

                   ←クリックお願いします。  
                生涯学習ランキング

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              ホイスコーレ札幌 第21期 第7回講義

              2018.10.05 Friday 10:11
              0

                 

                 第21期「ホイスコーレ札幌」第7回の講義(10月3日)は、北海道漢字同好会の藤田 鸚萓犬砲茲襦崔羚颪両数民族」でした。中国人の服装で登場された先生はまず中国語で挨拶されました。27年前に中国を訪問した先生はすっかり少数民族に魅せられ、民族とは何か、歴史・生活を知りたいと、これまでに15回も訪中されています。講義はこの15回の少数民族訪問の集大成です。中国には55の少数民族がいますが、先生訪問の中心である雲南省には25の少数民族がいます。先生は55のうち11民族に会ったそうです。訪問の時にはその民族の村中に泊まり込み、生活を共にしました。少数民族から何を学んだかをテーマとして、訪問した民族の歴史や生活・文化を紹介されました。シーサンパンナ、大理、シャングリラなどの民族を写真で説明されました。タイ族、ミャオ族、ナシ族、白族、チベット族などの生活習慣、行事など興味深いものでした。中でも女系家族の村など世界唯一の珍しい事例もありました。少数民族には様々な生活、価値観があり、一般に貧乏ですが、幸福とは何かを考えさせられる訪中であったと話されました。

                 

                 

                 

                 

                シャングリラ

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     ←クリックお願いします。  
                  生涯学習ランキング

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ホイスコーレ札幌 第21期 第6回講義

                2018.09.27 Thursday 14:25
                0

                   

                   

                  第21期「ホイスコーレ札幌」第6回の講義(9月26日)は、明星大学理工学部教授の熊谷一郎先生による「流れの抵抗について:より速く、よりエコな乗り物にする工夫を考えよう!!」でした。先生には4年連続の講義をお願いしています。自己紹介で笑わせてリラックスし、本題に入りました。“船はエライ!?で輸送手段としての船の長所を指摘しました。“船である条件とは?”で船の3要件、浮かぶ(浮揚性)、乗せる(積載性)、動く(移動性)を説明されました。船の大きさ比べや地球に優しい輸送手段(エネルギー消費、二酸化炭素排出量)であることを講義し、“さらなる省エネ→船舶の抵抗低減”の話に入りました。抵抗には、空気抵抗、造波抵抗、粘性圧力抵抗、海水との摩擦抵抗がありますが、船首の形態による造波抵抗の低減、船体形状の改善による粘性圧力抵抗の軽減があります。7割を占める海水との摩擦抵抗を減らす方法は色々ありますが、気泡を用いた技術に注目して、研究が進められています。これにより10%の省エネになることが期待されますが、これは大変なことです。また、気泡が地球温暖化を防ぐという意見も紹介されました。講義の途中では簡単な実験が行われ、講義の理解を深めました。

                   本日の講義には、デンマークの教育機関を見学に行くという杉山旬氏が参加し、「ホイスコーレ札幌」の様子を見学したのち、スタッフと懇談しました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                       ←クリックお願いします。  
                    生涯学習ランキング

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ホイスコーレ札幌 第21期 第5回

                  2018.09.21 Friday 18:59
                  0

                     

                     

                    第21期「ホイスコーレ札幌」第5回の講義(9月19日)は、北海道大学助教の志村華子先生による「園芸分野で役立つバイオテクノロジー」でした。「ホイスコーレ札幌」での3回目の講義です。バイオテクノロジーとは、“生物のはたらきを利用して、人間の生活に役立たせる技術爐任△蝓▲丱ぅテクノロジーの利用範囲、動物・人・植物のバイオテクノロジーの説明がありました。植物科学分野におけるバイオテクノロジーの色々について説明されたのち、特に園芸分野について、組織培養技術、増殖技術、保存技術、育種技術、物質生産技術を講義されました。基本となるのは組織培養技術であるので、これについて具体例を示しながら詳しい説明がありました。また、これからのバイオテクノロジーとして、遺伝子組み換え植物、エピジェネティック変異体、ゲノム編集などについての問題点、最新の研究の説明もありました。講義の途中でも次々と質問が出て、理解を深めました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                         ←クリックお願いします。  
                      生涯学習ランキング

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ホイスコーレ札幌 第21期 第4回 

                    2018.09.13 Thursday 21:47
                    0

                       

                       

                       

                      第21期「ホイスコーレ札幌」第4回(9月12日)の講義は、認知症看護認定看護師二人による認知症のお話しでした。國生真希先生の講義は「認知症の基本〜認知症を理解しよう」で、認知症の基本的な症状の理解・疾患別理解、認知症の人と環境、認知症の人とのコミュニケーション方法、認知症の予防についての講義でした。白川由美先生の講義は、「認知症を知ろう〜自分や家族が認知症になったら?〜」で、認知症かな?と思ったら、診断方法・薬のこと、利用できるサービスや制度、認知症をもっと知るための場所、一人で家族だけで悩まないために、認知症になる前に出来ること(意思表示とか)について話されました。両先生とも日頃現役看護師として認知症の人たちと接触していることから、具体的でかつ系統立てられた分かりやすい講義でした。認知症予備軍の受講生(長寿になった日本ではすべての人が予備軍)はわが身あるいは身近な人のことと熱心に聴きました。質問も多く出て時間超過の講義でした。

                      講義に先立ち、今年90歳を迎えられた坂田愛子受講生にお祝いの花束が贈られました。益々お元気で、遠いところからの受講です。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                           ←クリックお願いします。  
                        生涯学習ランキング

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      PR
                      Calender
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 特定非営利活動法人サムリブ
                        samliv
                      • 削り、取っ手を付けました。
                        英理子
                      • 北国の花いっぱい
                        加藤
                      • 北海道発 明日をひらく人々 〜未来を想像する51人〜
                        生越玲子
                      • 北海道発 明日をひらく人々 〜未来を想像する51人〜
                        川崎一彦
                      • 川崎一彦先生、リレモル先生お疲れ様会
                        生越玲子
                      • 川崎一彦先生、リレモル先生お疲れ様会
                        Lillemor & Kazuhiko
                      • ホイスコーレ札幌 第8期受講生募集
                        生越 玲子
                      • ホイスコーレ札幌 第8期受講生募集
                        川崎一彦
                      • 「川崎一彦教授を囲んで」
                        川崎一彦
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM