ホイスコーレ札幌 第19期 第6回講義

2017.10.05 Thursday 14:10
0

     

     

     

    第19期「ホイスコーレ札幌」第6回の講義は、東海大学教授の木原 稔先生による

    「魚の臓器を使った飼料開発 さらにその後の展開」でした。

    先生にはすでに2回の講義をお願いしています。

    今回はその後の展開で、主題は魚の養殖です。

    世界の食用魚の3分の2が2030年までに養殖になると言われています。

    すでに養殖魚が漁獲量を越えています。国内ではブリ、マダイ、ウナギが生産量の上位を占めています。

    魚類養殖における課題として、種苗の確保、コストを抑えたエサの確保、

    魚病などがありますが、先生の目下の研究課題はエサの問題です。

    特に魚粉に代わるたんぱく質原料が必要であり、大豆、トウモロコシをマグロなどに

    食べさせる研究をされています。そのためには適した実験系が必要であり、

    種々の工夫をして短期に正確なデータを得られています。

    特に、取り出したマグロの胃を用いた実験室での研究は興味深いものです。

    クロマグロの完全養殖が成功したといわれますが、先生の意見では、

    「魚粉を使わない(天然資源を脅かさない)人工配合飼料の開発ができてこそ

    真の意味でのクロマグロ完全養殖」です。

    講義終了後、「様似町、えりも町ツアー」の打ち合わせをしました

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コーラスエコー54回目のホームコンサート

    2017.09.27 Wednesday 08:16
    0

      コーラスエコー54回目のホームコンサート

       

      テノール:岡崎正治氏 ピアノ:村上和歌子氏をお迎えしました。

      チェロ演奏:小島盛史氏

      コーラスエコーは賛助出演

      演奏後は楽しい語らいがあり、出演者、コーラスメンバーからホームコンサートの感動を共有しました。

      コーラスエコーは25年も続いているため、年齢が高くなりましたが、

      レベルアップを志しています。

       

       

       

       

      ホイスコーレ札幌 第19期 第5回

      2017.09.22 Friday 13:58
      0

         

         

         

         

        第19期「ホイスコーレ札幌」第5回の講義は、月形樺戸博物館名誉館長・

        法務省矯正局広報大使(名誉典獄)・前月形町長の櫻庭誠二先生による

        「樺戸集治監と北海道開拓の歴史」でした。

        櫻庭先生には月形研修旅行の際に説明役をお願いしています。

        自己紹介の中で、町長から集治監の語り部になった経緯を話されました。

        資料として「樺戸集治監と北海道開拓」、「人と自然と歴史がともに輝く共生のまち月形」を

        用意されました。

        町の名前「月形」の由来を始めとし、町と刑務所をはじめ各種施設との強い繋がりを、

        納豆製造やトマトジュースなどの具体例を挙げながら説明されました。

        明治維新後の日本、北海道の歴史、樺戸集治監から月形刑務所への変遷、

        その中における囚人たちによる北海道内の道路の建設などについて紹介され、

        これがいかに北海道の開拓に貢献したかを語られました。

        150年の歴を持つ北海道の未来が明るいことを強調されました。

        先生は月形名産の「月形まんまるトマトジュース」を持参され、受講生にサービスされました。

         先週予告の「文集」編纂へ12名の受講生が参加します。

         

         

         

         

             ←クリックお願いします。  
          生涯学習ランキング

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ホイスコーレ札幌 第19期 第4回

        2017.09.15 Friday 11:42
        0

           

           

           

           第19期「ホイスコーレ札幌」第4回の講義は、北海道大学特任准教授のミシェル・ラフェイ先生による

          「若き新渡戸稲造」でした。日本の偉人ついて研究されている先生には第17期に「内村鑑三の思想」に

          ついての講義をしていただいており、今回は2回目です。

          アメリカ、アイダホ州、ボイス出身の先生は自身とアイダホ州について興味深い紹介をされました。

          世界の新渡戸はよく話題になりますが、その若い時のことはあまり紹介されていないことから、

          先生の講義はここに重点を置いたものでした。その生まれ、いじめられた子供の時、

          養子となって上京し太田となった東京時代、そして2期生として札幌農学校入学、英語による教育、

          親友内村鑑三・宮部金吾、大人になってからのアメリカ留学、クエーカー教徒となった宗教生活、

          ドイツ留学、アメリカ女性メアリーとの結婚、札幌農学校教授時代、遠友夜学校の創立、

          女性教育への理解などを流暢な日本語で講義されました。新渡戸のあまり知られていない面を多く学びました。

           「ホイスコーレ札幌」が来期で20期になるのを記念して、文集を作る計画が受講生の間にあり、

          代表して石川黎子さんがその計画を紹介しました。編集参加者を募集しています。

          様似・襟裳ツアーの募集は一応締め切りました。参加者は20名近くです。

           

           

           

           

           

           

               ←クリックお願いします。  
            生涯学習ランキング

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          文化展 in 藤野 2017

          2017.09.11 Monday 10:30
          0

             

             

            今年度も札幌市南区藤野地区センターで

            文化展が開催され、展示いたしました。

            [9月9日(土)10日(日)]

             

            様々なジャンルの力作が並び、熱気を感じました。

            皆、この文化展を励みにしていることと思います。

             

             

            「玲子クレイアート」

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

                 ←クリックお願いします。  
              生涯学習ランキング

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            category:陶芸 | by:生越 玲子 Reiko Ogoshicomments(0) | -

            ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

            2017.09.07 Thursday 10:01
            0

               

               

               

               

               

                   ←クリックお願いします。  
                生涯学習ランキング

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              ホイスコーレ札幌 第19期 第3回講義

              2017.09.07 Thursday 09:41
              0

                 

                 

                 

                第19期「ホイスコーレ札幌」第3回の講義は、北海道大学教授の吉見宏先生による

                「日本の経済と私たちの経済:これからの私たちの生活は?」でした。

                先生は学内ばかりでなく学外においても大活躍です。

                自己紹介に続き、講義は

                1.人口:経済の基本(人口は経済の基本統計、先進国とはなに?、人口予測は難しい、「人口減の時代」ってホント?)

                2.失われた20年(バブル経済崩壊後の20年、「安いもの」に慣れた生活、相対的に「安い」国になった)

                3.日本の経済構造(「加工貿易」の国ってホント?、少子化:高学歴社会、「先進国」の経済構造(先進国病)、

                国民がやりたい仕事を政府は提供できるか)

                4.日本を牽引してきた産業(主要産業、30年サイクル説、嗜好も変わる)

                5.これからの私たちの生活(日本の産業はどこへ?)

                6.個人資産をどうするか(以前より簡単になった「株式公開」(上場)、リスクのある投資への誘導)

                7.おわりに(国の予算をどこに投下すべきか日本の(北海道の)次代の産業は?

                答えは皆さんの中にあります)についての説明でした。]

                日頃聞けない「経済についての総括的な」解説で、今後の新聞やテレビの理解に役立つことでしょう。

                 

                10月に行われる様似、襟裳研修旅行の募集を開始しました。

                講義終了後、遠友学舎前で先生も含め集合写真を撮りました。

                 

                 

                 

                 

                     ←クリックお願いします。  
                  生涯学習ランキング

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ホイスコーレ札幌 第19期 開講式 第1回講義

                2017.08.25 Friday 10:26
                0

                   

                  第19期「ホイスコーレ札幌」開講式

                   

                  第19期「ホイスコーレ札幌」の開講式が、8月23日北海道大学遠友学舎で

                  9時30分から行われました。生越代表の挨拶に引きつづき、スタッフの紹介、

                  連絡事項の伝達ののち、「ホイスコーレ札幌の歌」を合唱して式を終えました。

                  今期の受講生は新しい方を含め38名です。新しい方2名が紹介されました。

                  学生助手は東海大学学生の佐々木優女さんです。

                   

                   

                   

                   

                  第19期「ホイスコーレ札幌」第1回講義

                   

                   

                   

                   

                   

                   第1回目の講義は、特定非営利活動法人サムリブの藤岡 登先生による

                  「対立調停を進める、ノーベル平和賞の国ノルウェー〜学校仲裁所の紹介」でした。

                  先生は市会議員を務められたのち、東海大学大学院に入られ、この間ノルウェー、オスロ大学に留学されました。

                  本日の講義はこの時学ばれた事柄が中心です。

                  帰国し、修士課程終了後、特定非営利活動法人サムリブを立ち上げられました。

                  講義は、対立調停、対立調停委員会、社会連帯、いじめ予防など多岐にわたりました。

                  仲裁の事例について、社会、学校を説明され、その対策について講義が進みました。

                  その前に日本のいじめ対策の紹介があり、これによってノルウェーのいじめ対策の特徴を明らかにされました。

                  ノルウェーの「学校仲裁所」制度、「子どもオンブズマン」について紹介され、

                  具体例としてオスロ市の取り組みを詳細に説明されました。

                  そして再度日本のいじめ対策にもどり、問題点を指摘されました。

                  興味深い話題と先生の巧みな講義に受講生は真剣に傾聴しました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                       ←クリックお願いします。  
                    生涯学習ランキング

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ススキノ祭り おいらん道中

                  2017.08.08 Tuesday 13:33
                  0

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    恒例のすすきの祭り「花魁道中」を初めてみ観ました。

                    伝統文化と言われると悲しいですが、禿(かむろ)を先導し、花魁は華やかでため息が出るほど美しく、

                    高鳴る気持ちで写真を撮りました。

                    沿道は人、人、人。

                    放送で花魁について説明が丁寧にされました。

                    すすきの祭りは大通りに負けないくらいの賑わいでした。

                    北国の夏の夜は心地よい風が吹き、浴衣姿を目に一層ビールが美味しい!!!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    木下大サーカス

                    2017.07.18 Tuesday 20:37
                    0

                       

                      木下サーカスを観ました。

                      見ごたえあるアトラクションの数々に息もつかず時間が過ぎました。

                      ライオンのオスの顔はでっかい!白いライオンは美しいけど大迫力、

                      マレーシアの象の鼻が直ぐ近くに伸びてきた。

                      現在の観客数10万人という。これから夏休みになると親子ずれが増えるでしょう。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      PR
                      Calender
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 特定非営利活動法人サムリブ
                        samliv
                      • 削り、取っ手を付けました。
                        英理子
                      • 北国の花いっぱい
                        加藤
                      • 北海道発 明日をひらく人々 〜未来を想像する51人〜
                        生越玲子
                      • 北海道発 明日をひらく人々 〜未来を想像する51人〜
                        川崎一彦
                      • 川崎一彦先生、リレモル先生お疲れ様会
                        生越玲子
                      • 川崎一彦先生、リレモル先生お疲れ様会
                        Lillemor & Kazuhiko
                      • ホイスコーレ札幌 第8期受講生募集
                        生越 玲子
                      • ホイスコーレ札幌 第8期受講生募集
                        川崎一彦
                      • 「川崎一彦教授を囲んで」
                        川崎一彦
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM