ホイスコーレ札幌 第19期 第11回

2017.11.08 Wednesday 16:58
0

    19期「ホイスコーレ札幌」第11回の講義は、北海道大学名誉教授の安藤 厚先生による「ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』をめぐって」でした。『罪と罰』、『白痴』に次ぐ3回目の講義です。ドストエフスキーの4大長編で残すところは『悪霊』のみとなりました。小説のあらすじを中村健之介著「ドストエフスキー人物事典」(講談社学術文庫、2011年)によりおさらいしました。「父親殺しという暗いおぞましい事件を中心に、推理小説的な緊張感をともなって展開するカラマーゾフ家の劇は、「偶然の家族」の増大してゆく農奴解放後のロシア社会の実相をえぐり出した迫真力に富む社会小説である」。次いで、イワン・プィリエフ監督・脚本、1968年の映画「カラマーゾフの兄弟」を鑑賞しました。時間が足らないので、肝心なところ、見せ場を中心に短縮して解説されました。暗く激しい映像に受講生は圧倒されました。

     

    「ホイスコーレ札幌」記念誌の編集委員会から、編集計画が示され、受講生からの投稿を募集しています。

     

    東海大学デザイン科石塚教授の学生さん達の展示会に行きました。

    「ホイスコーレ札幌」のお手伝いをしている東海大学佐々木優女さんも展示しています。優女さんの描く姿に愛おしくなるほどいつもペンを走らせている。

    応援しています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


     

     

     

     

         ←クリックお願いします。  
      生涯学習ランキング

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ホイスコーレ札幌 第19期 第10回

    2017.11.02 Thursday 10:20
    0

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      第19期「ホイスコーレ札幌」第10回の講義は、照明デザイナーの遠藤香織先生による「スウェーデンの自然光とあかり ライフスタイルとの結びつき」でした。

      スウェーデンに留学し、当地の会社で照明の仕事をされた先生は、10数年の滞在から帰国され、札幌で照明の仕事されている数少ない専門家の一人です。

      照明についての、またスウェーデンの自然と生活についての沢山の美しい写真を使って、多岐にわたる話をされました。

      スウェーデンと日本を比較しながらの分かりやすい講義でした。

      光に対する意識の違い、日本とスウェーデンの照明の仕方の違い、南欧は強い色・北欧は薄い色、薄暮のキャンドル、明かりの目覚まし時計、食事は見るより雰囲気、インテリアが関心事、窓際の明かり、カーテン、太陽の低さ、日光へのあこがれ、夏を休んで楽しむ、水辺の暮らし、青い目と黒い目などなど、それぞれ興味つきない話が続きました。

      比較的北欧に近い気候の北海道との対比によって理解が進み、楽しく勉強になる講義でした。

      本日の講義には、元東海大学教授の川崎一彦先生が、来日を機会に聴講に来られました。

      また、藤女子大学で照明を卒業論文にしている女子学生も勉強に来ました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

           ←クリックお願いします。  
        生涯学習ランキング

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ホイスコーレ札幌 第19期 第9回

      2017.10.26 Thursday 10:07
      0

         

         

         

         

        第19期「ホイスコーレ札幌」第9回の講義は、JR北海道前会長の小池明夫先生による「山田方谷〜偉大なる先人に学ぶ」でした。

        小池先生の郷里の人である備中松山藩の山田方谷(1850〜1877)の思想と業績についての話でした。

        詳しい年表により幕末から明治維新にかけての方谷の業績を詳しくたどり、その偉大さを紹介されました。

        松山藩の置かれていた幕末の困難な状況の中で、理財家にして政治家の方谷の業績を、方谷の施政方針、義を明らかにして利を計らず、藩財政の現状に関する情報公開、大阪蔵屋敷の廃止、質素倹約の徹底、賄賂・接待の禁止措置、信用を失った藩札の焼却処分、殖産興業、公共事業の実施、教育の推進、武備の称揚、飢饉対策、などにまとめて説明されました。

        さらに、幕末動乱期の活躍、明治以降の方谷、方谷の終焉、伯備線にある方谷駅、備中松山城の再建にも話は続きました。

        新島襄、河合継之助、福西志計子などとの関連にも触れ、興味深い講義でした。

        講義に引き続き、様似町・えりも町研修旅行の報告が参加受講生によってスライドを使って行われました。

        快晴の下、北大構内は紅葉の真っ盛り、イチョウ並木も美しく紅葉し、多くの受講生が観楓に訪れました。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

             ←クリックお願いします。  
          生涯学習ランキング

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ホイスコーレ札幌 第19期 第8回講義

        2017.10.19 Thursday 10:15
        0

           

           

          第19期「ホイスコーレ札幌」第8回の講義は、北海道総合技術研究所会長の萱場利通先生による「坂本龍馬と明治維新」でした。

          坂本龍馬に関わる多岐にわたる事柄の紹介と解説でした。

          龍馬の年表を縦糸にして、龍馬の原点すなわち家族や環境そして社会情勢、龍馬の目すなわち思想、政治活動、経済活動、新国家構想、明治維新に活躍した思想家・活動家との交流などを解説されました。

          若くして暗殺された龍馬の明治維新における二大功績は、一つが薩長連合、二つが大政奉還であり、彼のかってない新政治構想が近代日本へと時代を動かしました。

          龍馬の思想は、日本の国の独立堅持であり、海外列強に乗ぜられる内乱を避け、勢いづいている討幕派の主張を通すとともに、幕府にも致命傷を負わずに済ますというものでした。

          しかし、その後の日本は戊辰戦争、函館戦争、西南戦争を経てようやく新国家を確立することになるのでした。

           

           

           

           

           

           

           

           

               ←クリックお願いします。  
            生涯学習ランキング

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          様似研修旅行

          2017.10.13 Friday 21:56
          0

             

             

            ホイスコーレ札幌 様似研修旅行

             

            「様似町・坂下町長がバスガイド」 2日間

             

            2017年10月9日(月)10日(火)

             

            徳島大学大橋眞教授をお迎えし、「ホイスコーレ札幌」の受講生と研修旅行をいたしました。

             

            道の駅サラブレト新冠

             

             

             

             

             

            三石・倉蔵  短角牛の牛丼

             

             

             

            JR日高幌別駅 坂下町長乗車

             

            親子岩

             

            襟裳岬「風の館」

             

             

             

             

             

             

             

             

            風速25m体験

             

            えりも町郷土資料館「ほろいずみ」・水産の館

             

             

            石に根着いた昆布、栄養は昆布の葉から吸収する。

            受講生から多くの質問が出された。食事を作るものとして出汁は興味深い。

             

             

            アポイ山荘にて夕食 鶴の絵柄の手つくりコーヒーカップを代表から大橋教授へプレゼント

             

            徳島大学 大橋眞先生

             

            シィービーツアーズ 白田さん

             

            坂下町長の尺八演奏 仔馬もいる牧場の雪が舞うのが見えるような演奏でした。

             

             

             

             

            アポイ岳ジオパークビジター 固有種の生き物、美しい高山植物に感動しました。

             

             

            JR様似駅  

             

             

             

            坂下町長とお別れ

             

            三石・漁で昼食 サメカレーの煮つけ、なぜか砂糖なしの、まったりと甘いトマト。

             

             

            二風谷アイヌ民族博物館 

             

            学芸員に多くの質問をする受講生

             

            紅葉が美しい。

             

            二風谷の博物館は外壁がまだ修復中でした。

             

            最後は鵡川のシシャモを購入して札幌に向かいました。

             

            実り多い研修旅行でした。

             

                 ←クリックお願いします。  
              生涯学習ランキング

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            ホイスコーレ札幌 第19期 第7回

            2017.10.12 Thursday 10:29
            0

               

               

               

               

              第19期「ホイスコーレ札幌」第7回の講義は、徳島大学教授の大橋 眞先生による「西洋医療と伝統医療」でした。

              先生には第6期に講義していただいていますし、韓国珍島研修旅行に引率していただいています。

              本日の主題は、「現在の日本では、医療と言えば西洋医療になっている」、

              「西洋医療とは何かについては、あまりしられていない??」、「伝統医療は、忘れられた存在に・・・」です。

              西洋医療が、外から与える(薬)、取り除く(手術)、局所的であるのに対し、

              伝統医療は、本来の力を引き出す(自然治癒力)、全身であるとされました。

              伝統医学と仏教医学との関連にも話が進みました。

              また死亡率、医師のイメージ、西洋医療に対する不満などについて説明されました。

              一方伝統医療の問題点として、科学的な検証が少ない、閉鎖的な体質、制度・資格の明確化、

              大学における研究が少ないなどを挙げられました。

              伝統医学(仏教医学)の重要性を見直す講義でした。

              講義終了後、先生と共に集合写真を撮りました。

              北海道大学遠友学舎の周りも紅葉が始まりました。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                   ←クリックお願いします。  
                生涯学習ランキング

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              ホイスコーレ札幌 第19期 第6回講義

              2017.10.05 Thursday 14:10
              0

                 

                 

                 

                第19期「ホイスコーレ札幌」第6回の講義は、東海大学教授の木原 稔先生による

                「魚の臓器を使った飼料開発 さらにその後の展開」でした。

                先生にはすでに2回の講義をお願いしています。

                今回はその後の展開で、主題は魚の養殖です。

                世界の食用魚の3分の2が2030年までに養殖になると言われています。

                すでに養殖魚が漁獲量を越えています。国内ではブリ、マダイ、ウナギが生産量の上位を占めています。

                魚類養殖における課題として、種苗の確保、コストを抑えたエサの確保、

                魚病などがありますが、先生の目下の研究課題はエサの問題です。

                特に魚粉に代わるたんぱく質原料が必要であり、大豆、トウモロコシをマグロなどに

                食べさせる研究をされています。そのためには適した実験系が必要であり、

                種々の工夫をして短期に正確なデータを得られています。

                特に、取り出したマグロの胃を用いた実験室での研究は興味深いものです。

                クロマグロの完全養殖が成功したといわれますが、先生の意見では、

                「魚粉を使わない(天然資源を脅かさない)人工配合飼料の開発ができてこそ

                真の意味でのクロマグロ完全養殖」です。

                講義終了後、「様似町、えりも町ツアー」の打ち合わせをしました

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                コーラスエコー54回目のホームコンサート

                2017.09.27 Wednesday 08:16
                0

                  コーラスエコー54回目のホームコンサート

                   

                  テノール:岡崎正治氏 ピアノ:村上和歌子氏をお迎えしました。

                  チェロ演奏:小島盛史氏

                  コーラスエコーは賛助出演

                  演奏後は楽しい語らいがあり、出演者、コーラスメンバーからホームコンサートの感動を共有しました。

                  コーラスエコーは25年も続いているため、年齢が高くなりましたが、

                  レベルアップを志しています。

                   

                   

                   

                   

                  ホイスコーレ札幌 第19期 第5回

                  2017.09.22 Friday 13:58
                  0

                     

                     

                     

                     

                    第19期「ホイスコーレ札幌」第5回の講義は、月形樺戸博物館名誉館長・

                    法務省矯正局広報大使(名誉典獄)・前月形町長の櫻庭誠二先生による

                    「樺戸集治監と北海道開拓の歴史」でした。

                    櫻庭先生には月形研修旅行の際に説明役をお願いしています。

                    自己紹介の中で、町長から集治監の語り部になった経緯を話されました。

                    資料として「樺戸集治監と北海道開拓」、「人と自然と歴史がともに輝く共生のまち月形」を

                    用意されました。

                    町の名前「月形」の由来を始めとし、町と刑務所をはじめ各種施設との強い繋がりを、

                    納豆製造やトマトジュースなどの具体例を挙げながら説明されました。

                    明治維新後の日本、北海道の歴史、樺戸集治監から月形刑務所への変遷、

                    その中における囚人たちによる北海道内の道路の建設などについて紹介され、

                    これがいかに北海道の開拓に貢献したかを語られました。

                    150年の歴を持つ北海道の未来が明るいことを強調されました。

                    先生は月形名産の「月形まんまるトマトジュース」を持参され、受講生にサービスされました。

                     先週予告の「文集」編纂へ12名の受講生が参加します。

                     

                     

                     

                     

                         ←クリックお願いします。  
                      生涯学習ランキング

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ホイスコーレ札幌 第19期 第4回

                    2017.09.15 Friday 11:42
                    0

                       

                       

                       

                       第19期「ホイスコーレ札幌」第4回の講義は、北海道大学特任准教授のミシェル・ラフェイ先生による

                      「若き新渡戸稲造」でした。日本の偉人ついて研究されている先生には第17期に「内村鑑三の思想」に

                      ついての講義をしていただいており、今回は2回目です。

                      アメリカ、アイダホ州、ボイス出身の先生は自身とアイダホ州について興味深い紹介をされました。

                      世界の新渡戸はよく話題になりますが、その若い時のことはあまり紹介されていないことから、

                      先生の講義はここに重点を置いたものでした。その生まれ、いじめられた子供の時、

                      養子となって上京し太田となった東京時代、そして2期生として札幌農学校入学、英語による教育、

                      親友内村鑑三・宮部金吾、大人になってからのアメリカ留学、クエーカー教徒となった宗教生活、

                      ドイツ留学、アメリカ女性メアリーとの結婚、札幌農学校教授時代、遠友夜学校の創立、

                      女性教育への理解などを流暢な日本語で講義されました。新渡戸のあまり知られていない面を多く学びました。

                       「ホイスコーレ札幌」が来期で20期になるのを記念して、文集を作る計画が受講生の間にあり、

                      代表して石川黎子さんがその計画を紹介しました。編集参加者を募集しています。

                      様似・襟裳ツアーの募集は一応締め切りました。参加者は20名近くです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                           ←クリックお願いします。  
                        生涯学習ランキング

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      PR
                      Calender
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 特定非営利活動法人サムリブ
                        samliv
                      • 削り、取っ手を付けました。
                        英理子
                      • 北国の花いっぱい
                        加藤
                      • 北海道発 明日をひらく人々 〜未来を想像する51人〜
                        生越玲子
                      • 北海道発 明日をひらく人々 〜未来を想像する51人〜
                        川崎一彦
                      • 川崎一彦先生、リレモル先生お疲れ様会
                        生越玲子
                      • 川崎一彦先生、リレモル先生お疲れ様会
                        Lillemor & Kazuhiko
                      • ホイスコーレ札幌 第8期受講生募集
                        生越 玲子
                      • ホイスコーレ札幌 第8期受講生募集
                        川崎一彦
                      • 「川崎一彦教授を囲んで」
                        川崎一彦
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM