カンボジア旅行 2014年3月20日〜25日 ?

2014.03.28 Friday 22:59
0
    デンマーク留学     ホイスコーレ札幌     陶芸 北海道木賊焼

    Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。up是非是非お願いします。

    カンボジア(シェムリアップ地方)旅行 2014年3月20日〜25日

    乾期のカンボジア旅行に年寄り夫婦で行ってきました。旅行会社のツアーでしたが、当初10数人の予定が、皆さんそれぞれ都合が悪くなり、残ったのは2人だけでした。それでもツアーは決行され、添乗員と3人で出発しました。カンボジアでは現地の案内人、車の運転手の5人で6日間、おもにクメールの遺跡巡りをしました。案内人付きの個人旅行みたいなものでした。カンボジアの旅行は雨期の涼しい時が最適だそうで、多くの方がその頃訪問されていると思いますが、ここでは乾期の旅行を数回に分けてお見せしたいと思います。



    3月20日 新千歳発14:05 ソウル・インチョン空港17:20着
          ソウル発18:30 シェムリアップ22:15着 時差2時間
          ホテル Prince D’Ankhol Hotel and Spa このホテルに4泊






    3月21日 午前 アンコール・トム
          午後 アンコール・ワット
          夜  アプサラショウとクメール・ビュフェ









    乾期のせいで草花が少ない。しかし、クチナシに似た香りのする白いプルメリアが眼につく。乾期の花である。ブーゲンビレアも良く咲いている。白い花と赤い花の混在している樹がある。













    シアヌーク国王はフランスから独立を勝ち取ったことで、国民から尊敬され慕われていた。ホテルなどでも王室の写真を飾っている。







    カンボジア人は日本人より少し小柄である。女性はそのせいか若くみえる。顔が小さく首が長く、手足の細く長い美人が多い。














































    有名なアンコール・ワット(寺院の都)、アンコール・トム(大きな都)などのほかに、無数(千個ともいわれる)の遺跡がある。未発見のものも多いと言われる。発見されているものも調査されているのは少数で、修復は一部のみである。遺跡は遺跡として、そのままにしてあるものもある。ガジュマルの根が遺跡を支えている。
    遺跡は石や煉瓦で出来ている。両者が混在している遺跡もある。
    遺跡の保存・修復には日本と日本人が非常に貢献している。 
    アンコール遺跡群では、入り口で20$(1日券)を支払い、顔写真を写し、顔写真付きのアンコール・パスをもらい、入場する。
    日本人とフランス人が多い。ドイツ人も多い。韓国語、中国語、タイ語も耳にする。カンボジア人の観光客がどれだけいるか不明



    アプサラショー







































    category:カンボジア旅行 | by:comments(0) | -

    スポンサーサイト

    2019.10.20 Sunday 22:59
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment








         

      PR
      Calender
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 特定非営利活動法人サムリブ
        samliv
      • 削り、取っ手を付けました。
        英理子
      • 北国の花いっぱい
        加藤
      • 北海道発 明日をひらく人々 〜未来を想像する51人〜
        生越玲子
      • 北海道発 明日をひらく人々 〜未来を想像する51人〜
        川崎一彦
      • 川崎一彦先生、リレモル先生お疲れ様会
        生越玲子
      • 川崎一彦先生、リレモル先生お疲れ様会
        Lillemor & Kazuhiko
      • ホイスコーレ札幌 第8期受講生募集
        生越 玲子
      • ホイスコーレ札幌 第8期受講生募集
        川崎一彦
      • 「川崎一彦教授を囲んで」
        川崎一彦
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM