鶴 下絵

2017.12.07 Thursday 21:11
0
    酉年はもうすぐ終わりますが、鶴は永遠に私の好きな絵柄。
    絵付け前の器たち。
    色付けが終わると釉薬をかけ本焼きに入ります。いつも意図しない失敗作品が出ます。本焼きで何が起こるか分かりません。本焼きすると2割小さくなります。最初に大きすぎるくらいに作るとちょうどいいです。
    まだ大皿の素焼き数枚が待っています。頑張る!!!...
    糸尻がガタガタのはグラインダーで磨きをかけます。
    仕上がりまで気が抜けません。
    次回は完成品を載せたいです。
    とはいえ何年も続いている陶芸ですがこの程度です。
    category:陶芸 | by:生越 玲子 Reiko Ogoshicomments(0) | -

    スポンサーサイト

    2017.12.07 Thursday 21:11
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment








         

      PR
      Calender
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      • 特定非営利活動法人サムリブ
        samliv
      • 削り、取っ手を付けました。
        英理子
      • 北国の花いっぱい
        加藤
      • 北海道発 明日をひらく人々 〜未来を想像する51人〜
        生越玲子
      • 北海道発 明日をひらく人々 〜未来を想像する51人〜
        川崎一彦
      • 川崎一彦先生、リレモル先生お疲れ様会
        生越玲子
      • 川崎一彦先生、リレモル先生お疲れ様会
        Lillemor & Kazuhiko
      • ホイスコーレ札幌 第8期受講生募集
        生越 玲子
      • ホイスコーレ札幌 第8期受講生募集
        川崎一彦
      • 「川崎一彦教授を囲んで」
        川崎一彦
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM