ホイスコーレ札幌 第23期 受講生募集!!

2019.08.19 Monday 15:14
0

     

    お盆も過ぎ、暑さのピークを超え そろそろまた動き出そうとしている皆様

    是非 「ホイスコーレ札幌」にお越しください !!

     

     

                                                                                             連絡先メール:jaspernoise@gmail.com

                                            090−8272-5551

     

     

     

    スタッフ一同 心よりお待ち申し上げます!!

     

     

     

     

     

     

         ←クリックお願いします。  
      生涯学習ランキング

     

     

     

    「陶芸 木賊焼」「ホイスコーレ札幌」のHPは    こちら  です

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「対話」と教育のひみつ講演会

    2019.08.17 Saturday 19:15
    0

       

      「ホイスコーレ札幌」第22期のスタッフ 杉山旬さんのイベントです  (o^∇^o)ノ

      是非 参加しましょう!!

       

       

       

       

      詳細は → https://sapporo-folke.peatix.com/view?fbclid=IwAR3MXlZI221oo6kVHyygusF-WFjkD37HhpJ-4aUQTwkREOLOcE14whRPG-I

       

       

       

       

       

           ←クリックお願いします。  
        生涯学習ランキング

       

      「陶芸 木賊焼」「ホイスコーレ札幌」のHPは   こちら  です

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ホイスコーレ札幌 第22期 第12回

      2019.06.20 Thursday 13:52
      0

         

         

        第22期「ホイスコーレ札幌」第12回の講義(6月19日)は、チェンバロ奏者の明楽(あけら)みゆき先生によるチェンバロの講義と演奏でした。先生は大きなチェンバロを会場(レストラン・フォレスタ・ビアンカ)まで運び込み、楽器の説明をされました。先生のチェンバロは北海道の木を使った特注品です。千年も前に成立した竪琴が4百年くらい前に横倒しになりチェンバロになりました。バッハの時代にはピアノがまだなくチェンバロでした。バッハが好きであった先生はチェンバロに熱中することになりました。4百年くらい前といえば、日本では大阪から北海道までを行き来した北前船が活躍し始めた時代です。先生は、「現代版北前船プロジェクト」代表を務められ、北前船の活躍についても説明されました。北前船ゆかりの地でチェンバロを演奏するなどの活動を行われています。チェンバロについては楽器の説明をされるとともに、バッハやヘンデルの曲を演奏されました。美しい音色が会場いっぱいにあふれ、受講生一同聞ほれました。講義終了後も楽器についての質問が続出し、細かく説明していただきました。先生のオリジナルCD「音楽の花束」を多くの人が購入しました。収益金は「みやぎこども基金」に寄付されます。

         引き続き第22期「ホイスコーレ札幌」の修了式に移り、生越代表の挨拶の後、今期のアシスタントをした杉山旬君が22期の感想と自身の今後の活動、目標について述べました。そして受講生一人一人に代表から修了証書が手渡されました。次期から代表を務められる石塚耕一先生からのメッセージを次期事務局の上出美穂さんが読み上げ、花束が生越代表に渡されました。そして講師の明楽先生も参加して昼食会に移り、受講生の吉中久子さんによる乾杯の音頭で食事に入りました。例により受講生一人一人がテーブルスピーチをしました。代表が交代することもあり、熱のこもったスピーチが続きました。食事の後、代表から自作の陶器のプレゼントがあり、10名に渡されました。さらに、サプライスで受講生から生越玲子代表、加藤英理子事務長、生越明顧問に花束の贈呈がありました。最後に「ホイスコーレ札幌の歌」を歌って散会しました。次期第23期は9月18日から始まることになっています。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        明楽先生のCD

         

        チェンバロの組み立て

         

        22期アシスタント 杉山旬君

         

         

         

         

        生越代表挨拶

         

        修了証書授与

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        恒例じゃんけんゲームで勝った方に、代表が作陶した陶器のカップをプレゼントしました。

         

         

        サプライズで花束とプレゼントをいただきました。

         

         

         

         

        レストランビアンカの矢口さんには長年お世話になっています。

         

         

         

        生越家の庭のバラ

         

         

         

         

         

         

             ←クリックお願いします。  
          生涯学習ランキング

         

         

         

         

         

         

         

        「陶芸 木賊焼」「ホイスコーレ札幌」のHPは   こちら  です

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ホイスコーレ札幌 第22期 第11回

        2019.06.13 Thursday 08:38
        0

           

          第22期「ホイスコーレ札幌」第11回の講義(6月12日)は、社会保険労務士法人ホームラン執行役員の矢部千尋先生による「傾聴とグループコンセンサス」でした。「ホイスコーレ札幌」における2回目の講義です。本日の講義には藤女子大学の松田剛史先生がゼミ生8名を連れて見学に来られました。矢部先生も藤女子大学の卒業生です。のち、ノルウェーの大学に留学されました。講義は、X理論(独裁的)とY 理論(平等的)の説明から入り、コンセンサス、リーダーの2つの役割(コントロールとファシリテイター)などの説明がありました。次いで、グループワークに移り、受講生が6人1組でグループになって家族会議を行いました。会議の目的は非難の時に避難袋に入れるものを選ぶことで、母親役がファシリテイターとなって進めました。藤の女子学生も参加しました。スムースに避難袋が用意できた組、できなかった組それぞれがファシリテイターを中心に徹底的に話し合い、有意義な体験でした。

           第23期の受講生募集が開始されました。第23期は9月18日から12月4日まで、場所は北海道大学遠友学舎です。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

               ←クリックお願いします。  
            生涯学習ランキング

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          ホイスコーレ札幌 第22期 第10回

          2019.06.06 Thursday 10:39
          0

             

             

             第22期「ホイスコーレ札幌」第10回の講義(65日)は、北海道大学農学研究院助教の田上貴祥先生による「糖質と酵素の化学」でした。先生はこの「ホイスコーレ札幌」で2回講義をしていただいた同じく農学研究院の志村華子先生の夫君です。札幌生まれ札幌育ちという自己紹介があり講義に入りました。学問の先端を豊富な図などを使って分かりやすく講義をしていただきました。「科学と化学」の説明から入り、物質を構成する基本単位は“元素”である、原子が結合することで化合物(分子)となる、“糖質“”はどんな化合物?、“糖質”の機能、まとめ‥質とは、“酵素“はどんな化合物?、酵素研究の歴史、酵素の機能と三次元構造の関係、まとめ酵素とは、日用品における酵素の利用、本日のまとめ、の順に講義されました。順序良く基礎から化学の最先端そして応用までの話でよく理解できました。また、化学が日常の生活に深い関係を持っていることも理解できました。

             

             

             

             

             

                 ←クリックお願いします。  
              生涯学習ランキング

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            ホイスコーレ札幌 第22期 第9回

            2019.05.30 Thursday 12:03
            0

               

               

               

               

              第22期「ホイスコーレ札幌」第9回の講義(5月29日)は、北海道教育大学札幌校教授の菅野淑子先生による「差別とハラスメント」でした。第20期の「女性活躍推進の時代に」に引き続く2回目の講義です。今回の講義は、差別とは、差別を身近に感じたことはありますか、札幌市交通局「女性と子供の安心車両、東京大学さつき会奨学金の募集、小樽温泉訴訟、こんなことがあったらどうしよう、被災者への偏見、ある企業の採用ページが話題に、問題は「合理性があるかどうか」、差別を禁止する法律、さまざまな性差別、非正規雇用と正規雇用、丸子警報機事件判決、差別を認定するためのポイント、差別と不利益取扱い、ハラスメント、この際「いじめ」についても考えてみよう、雇用均等部(室)への相談状況、福岡セクシュアル・ハラスメント事件その他、R大学(ハラスメント)事件、まとめ、考えてもらいたいこと、と豊富かつ多彩な内容で多くのことを学びました。受講生のほとんどが女性であるためか、講義の途中でも次々と質問が出され、活気ある講義となりました。

              本日は、講義終了後助手の杉山旬さんが30分ばかり話をしました。彼はホイスコーレに興味と関心を持ち、そのためもあって今期の「ホイスコーレ札幌」の助手を務めていますが、4月にデンマークのノーフュンス・ホイスコーレに同好の人たちと1週間ばかり滞在し、体験してきました。この報告をするとともに、デンマークのホイスコーレについて紹介し、次いで「北海道にフォルケホイスコーレを」の夢を語りました。ノーフュンス・ホイスコーレは、アンデルセンで有名なオーデンセの近くにあり、なんと日本人(千葉忠夫氏)の創設による学校です。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                   ←クリックお願いします。  
                生涯学習ランキング

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              ホイスコーレ札幌 第22期 第8回

              2019.05.23 Thursday 10:09
              0

                 

                第22期「ホイスコーレ札幌」第8回の講義(5月22日)は、フリージャーナリストの岡田 実先生による「マスコミと権力」でした。北海道新聞社で経済関係の仕事をされた先生は、1990~1992年にウイーンに滞在され、ドイツ統一、湾岸戦争、ユーゴ戦争、ソ連崩壊、チェコスロバキア分裂などを取材されました。その経験と、最近訪問されたこれらの国の現状について話されました。道新を退職されてからはフリージャーナリストとして各方面で活躍されています。マスコミと権力については、ジャーナリスト受難の時代、権力側の思惑、日本も例外ではない、ジャーナリズムは衰退したのか、記者クラブ=諸刃の剣、望月衣塑子問題はジャーナリズムの試金石、をキーワードに解説されました。話はトランプ大統領、習近平政権、安倍政権、NHK、民放(テレビ朝日など)、そして新聞(東京新聞など)と具体的な内容でした。マスコミ側の問題点も取り上げられました。注目されている望月衣塑子問題については相当詳しく話されました。普段知らされている事柄の裏側に迫る興味深い講義でした。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     ←クリックお願いします。  
                  生涯学習ランキング

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ホイスコーレ札幌 第22期 第7回

                2019.05.16 Thursday 10:40
                0

                   

                   第22期「ホイスコーレ札幌」第7回の講義(5月15日)は、当別町町長の宮司正毅先生による「命を守る術(すべ)」でした。「ホイスコーレ札幌」における2回目の講義です。世界を広く見てこられた先生は、後年になってから政治家になられた異色の存在で、本日の講義もグローバルなものでした。命を守る術について、生物の中のヒトとして、世界の中の日本人として、そして個人として何が問題であり、どう対処すべきかを講義されました。世界の政治経済的軍事的状況さらには歴史の把握から進展著しい科学技術への理解と利用、日本人のあるいは若者の生活意識まで、それは広範な話でした。その中で日本の特異性に触れ、それらを理解したうえで、世界の中で日本が、日本人が生きていく術を学ぶべきであると話されました。

                   次いで、当別町長としての話に入り、当別町の立地条件や特色を取り上げられ、それに基づいて取り組んでいる事業などについて説明されました。話は産業、教育、観光にまで及びました。

                   本日の講義には、当別町の職員2名も参加しました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                       ←クリックお願いします。  
                    生涯学習ランキング

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ホイスコーレ札幌 第22期 第6回

                  2019.05.08 Wednesday 23:02
                  0

                     

                     第22期「ホイスコーレ札幌」第6回の講義(5月8日)は、学校法人八紘学園園長の桑原眞人先生による「学校法人八紘学園北海道農業専門学校の循環型農業実践教育〜市街地での野菜、花き、果樹及び牛乳の生産から販売まで〜」でした。受講生は9時45分までに豊平区月寒2条14丁目にある八紘学園の校舎に集まりました。まず、桑原先生から自己紹介があり、八紘学園の概要について説明がありました。次いで環境保全型農業についての講義がありました。講義終了後、バスで校内を見ながら説明を受けました。牛舎に立ち寄り、60頭くらいのホルスタインを見ながら担当の先生の説明を聴きました。牛の大きさに一様に驚き、圧倒されました。質問が沢山出て活発な時間を持ちました。そこから歩いて農産物の直売所に立ち寄りました。ここで説明を受け、12時ころに解散となり、あとは各自自由に買い物などを楽しみました。アイスクリームや牛乳の無料サービスもありました。帰りに学園創立者である栗林元二郎の石庭を見物しました。枝垂桜が見事でした。

                    天気は曇りで寒い日でしたが、幸いに雨は降らず、出席率も良く、充実した半日でした

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                         ←クリックお願いします。  
                      生涯学習ランキング

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ホイスコーレ札幌 第22期 第5回

                    2019.04.24 Wednesday 18:55
                    0

                       

                       

                       

                      第22期「ホイスコーレ札幌」第5回の講義(4月24日)は、北海道龍馬会事務局長の小宮山一夫先生による「龍馬を愛した女性たち〜龍馬異聞・史実と伝説〜」でした。「龍馬の魅力は、多くの女性を引き付け、短くも傑出した人生に彩を添えている。龍馬を愛した十三人の女性の内から、激動の幕末を、龍馬とともに生きた三人の女性の生涯をたどる」もので、時代の流れ、関係ある事件を説明しながらの講義でした。十三人の女性とは、坂本幸、坂本伊与、坂本千鶴、坂本栄、坂本乙女、平井加尾、千葉佐那、楢崎龍、お元、大浦慶、寺田屋お登勢、お徳、川島田鶴で、このうち加尾、佐那、龍の三人に龍馬の姉乙女を加えた講義でした。先生は手紙などの資料を用意され、またスライドにより当時の様子をわかりやすく熱っぽく説明されました。興味深い挿話が至る所にちりばめられ、龍馬とその時代の魅力ある女性を知ることができました。「ホイスコーレ札幌」では昨年、坂本家ゆかりの地浦臼へ研修旅行に行っており、この折にも小宮山先生にお世話になっています。本日の講義で龍馬とその時代を一層理解することになりました。

                       

                       

                      龍馬会ホームページ→http://hokkaidoryouma.web.fc2.com/index.html

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                           ←クリックお願いします。  
                        生涯学習ランキング

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      PR
                      Calender
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 特定非営利活動法人サムリブ
                        samliv
                      • 削り、取っ手を付けました。
                        英理子
                      • 北国の花いっぱい
                        加藤
                      • 北海道発 明日をひらく人々 〜未来を想像する51人〜
                        生越玲子
                      • 北海道発 明日をひらく人々 〜未来を想像する51人〜
                        川崎一彦
                      • 川崎一彦先生、リレモル先生お疲れ様会
                        生越玲子
                      • 川崎一彦先生、リレモル先生お疲れ様会
                        Lillemor & Kazuhiko
                      • ホイスコーレ札幌 第8期受講生募集
                        生越 玲子
                      • ホイスコーレ札幌 第8期受講生募集
                        川崎一彦
                      • 「川崎一彦教授を囲んで」
                        川崎一彦
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM