ホイスコーレ札幌 第20期 第12回

2018.06.14 Thursday 16:49
0

     

     

     

    第20期第12回の講義は、笹本光弘さんの山仲間であるYACISINCOSの鴨沢 修先生、松田 徹先生、高橋叡子先生による南米アンデスなどの民族音楽の演奏と歌唱でした。これは亡くなられた元「ホイスコーレ札幌」受講生笹本光弘さんと芹田洋子さんの追悼のために企画されたものです。開始に先立ち全員でお二人の冥福を祈り黙祷を捧げました。代表の鴨沢先生による南米の音楽と楽器の説明およびケーナとサンポーニャの演奏、さらにはYACISINCOSの活動の説明、松田先生によるギターとサンポーニャおよび歌唱、女性の高橋先生によるボンゴとサンポーニャの演奏および歌唱でした。有名な「コンドルは飛んでいる」を始め南米の民族音楽の三人の息の合った生演奏は、先生方の民族衣装と共にアンデスの山並みや広大なパンパスを彷彿とさせました。しばし別世界の体験でした。

     第20期の修了式が、講義終了後行われました。いつものごとく受講生に修了証書が生越代表から手渡されました。式終了後昼食会に移り、本日の講師の先生方も参加してレストランのイタリア料理を楽しみました。食事をとりながら全員がテイブルスピーチを行いました。20期10年を経過した「ホイスコーレ札幌」についての感想などが主として述べられました。また、生越代表成作の陶器のプレゼントがありました。第21期「ホイスコーレ札幌」でまた集まりましょうと言いながら散会しました

     

     

     

     

     

     

      

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

                   

     

    修了証書授与

     

     

     

     

    乾杯

     

     

     

     

         ←クリックお願いします。  
      生涯学習ランキング

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ホイスコーレ札幌 第20期 第11回

    2018.06.07 Thursday 10:22
    0

       

       第20期「ホイスコーレ札幌」第11回の講義は、帯広市教育委員会の高谷みゆき先生による「カウンセラーからみた最近の教育現場事情(児童、生徒の心理的な問題〜事例より)」でした。日本カウンセリング学会認定のカウンセラーの先生は自身が経験された、小学生(5年男児)の心理(人の欲望はトレッドミル現象)、中学生の心理(複雑な思春期のグループ形成)、ある女子大生の心理(言語力・本当の気持ちを言葉で表す)について問題点を取り上げ、心理学の立場から解説されました。続いて、受講生が30項目にわたる事柄について自分で点数をつける方式で、自己の行動評価を行いました。その点数により、タイプA型人間(急げ急げタイプ)とタイプB型人間(おっとりタイプ)に分けられ、それぞれの行動パターンが説明されました。自分の思いとこの結果は一致したのでしょうか。

       講義終了後、受講生の猪股さんと熊谷さんによる「坂本直寛と坂本家ゆかりの地、浦臼バスツアー」の報告が行われました。

       

       

       

       

      性格診断に真剣に取り組む受講生

       

            

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ポプラの綿毛が飛ぶ構内

       

       

           ←クリックお願いします。  
        生涯学習ランキング

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ホイスコーレ札幌 第20期 第10回

      2018.06.01 Friday 09:55
      0

         

         

         第20期「ホイスコーレ札幌」第10回の講義(5月30日)は、革工芸家の喜井豊子先生による「MC・エッシャーとジャポニズム」でした。用意された資料に基づいて「ジャポニスムの歴史」を種子島に鉄砲が伝来してからはじめて西洋との交流の歴史を辿られました。そして日本の文化、特に絵画(浮世絵)が西洋に与えた影響を、豊富な写真を用いて説明されました。特に北斎や広重などの浮世絵がゴッホに与えた影響、そしてエッシャーに与えた影響を詳細に辿られました。浮世絵、ゴッホの絵、エッシャーの絵を並べた写真は興味深いものでした。エッシャーについてはその父と日本の関わりなども興味深い話題でした。ジャポニズムは西洋で大変な興味を引き、日本の美術展も盛んに開催され、日本の理解が進みました。これらのことから先生は、「日本人よ、自信を持て」と主張されました。質問も多く出され楽しい2時間でした。

         来日されている川崎先生もこの講義を聴講されました。川崎先生から10周年のお祝いの言葉をいただきました。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

             ←クリックお願いします。  
          生涯学習ランキング

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        「ホイスコーレ札幌」10周年を迎え

        2018.05.30 Wednesday 21:52
        0

           

          20期「ホイスコーレ札幌」5月30日川崎一彦先生が遠友学舎へ訪問してくださいました。

          受講生は大きな拍手でお迎えいたしました。

          お忙しいですのに有難く感謝申し上げました。

          「ホイスコーレ札幌」10年間を見守り続けてくださり

          そしてSVERGE-JAPANの記念誌を下さり祝いの言葉をいただきました。

          戴いた記念誌を帰るなり座り込んで読んでいます。

          とても解り良く、興味深く私のひとり占めではもったいないので

          「ホイスコーレ札幌」の受講生に回覧します。

          探検ものが好きな私はスヴェン・ヘディンのことも書かれているので心躍ります。

          Vilken underbar dag.

           

           

           

           

           

               ←クリックお願いします。  
            生涯学習ランキング

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          ホイスコーレ札幌 第20期 第9回

          2018.05.24 Thursday 10:14
          0

             

            第20期「ホイスコーレ札幌」第9回の講義(523日)は、北海道大学教授の藤田恭之先生による「正常細胞ががん細胞を駆逐する!世界初のがん予防薬開発を目指して」でした。臨床医から研究者への多彩な経歴を自己紹介したのち、表題の講義内容に入りました。「1.がんとは?」において、がんによる死亡率、がん細胞の特徴などの説明があり、次いで「2.細胞にも社会性がある」をテーマに、研究の最先端の話題を自分自身の研究成果に基づいて講義されました。写真、動画を沢山使用した分かりやすい説明でした。正常細胞ががん細胞を体外へ排除する現象、死に至らしめる現象を発見され、これが超早期がん診断・治療へとつながることを目指して研究が進んでいます。難しい課題にもかかわらずよく理解できたため、質問も多く出されました。先生の研究の進展を期待して全員の拍手をもって終わりました。

             本日の講義には、来週の講師喜井豊子先生が見学されました。

             講義終了後、遠友学舎前で先生たちと共に集合写真を撮りました。

             

             

             

             

             

             

             

                 ←クリックお願いします。  
              生涯学習ランキング

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            category:- | by:生越 玲子 Reiko Ogoshicomments(0) | -

            庭の勿忘草と花束

            2018.05.19 Saturday 16:08
            0

              大好きな勿忘草が庭いっぱいに咲きました。
              突然二人の娘がやってきて花のプレゼント。

              遅くまでいっぱい話をして帰って行きました。

              話をするこの時間が何よりうれしい。

              大人になった二人が眩しく見えた。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              「ホイスコーレ札幌」第20期 第8回講義

              2018.05.19 Saturday 16:04
              0

                 

                   

                  

                第20期「ホイスコーレ札幌」第8回の講義(5月16日)は、ノースピア代表の矢部千尋先生による「もめごと解決法「メディエーション」の理論と実践のすすめ」でした。受講生参加型の講義で、もめごと解決法に関して受講生は種々試みました。講義の内容は次のように進みました。紛争(もめごと)の解決方法、メディエーションとは、メディエーションの目的、紛争転換モデル、メディエーターとは、メディエーターの質問ポイント、メディエーション開始時の注意点(導入)、開始時のルール説明、キークエスチョン、合意の形成とフォローアップ。ノルウェーで勉強された先生は、当地におけるメディエーション法整備の経緯や紛争ケースの書類別割合などについても説明されました。ノルウェーと日本との比較が関心の一つであり、受講生からも意見、質問が寄せられました。このメディエーションに関しては、日本はまだまだであることを認識しました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     ←クリックお願いします。  
                  生涯学習ランキング

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                「坂本直寛と坂本家ゆかりの地、浦臼」「ホイスコーレ札幌」研修旅行

                2018.05.13 Sunday 11:44
                0

                  「坂本直寛と坂本家ゆかりの地、浦臼」バスツアー

                  平成30年5月11日(金)参加者40名

                  「小弟ハエゾに渡らんとせし頃より、新國を開き候ハ積年の思い1世の思い出に候間、何卒一人でなりともやり付け申すべくと存居候」(慶応3年3月6日)

                   龍馬の蝦夷地開拓の熱い想いが、書かれている。龍馬は、4度蝦夷地開拓を計画した。

                  だが、計画を実現することなく、慶応3年11月15日、龍馬は、京都・近江屋で凶刃に斃れる。

                   しかし、龍馬の蝦夷地開拓の遺志は、北海道に渡った二人の甥によって引き継がれた。

                  今回のバスツアーは、龍馬家を継いだ「坂本直」、郷土坂本家を継いだ「坂本直寛」から始まる北海道の坂本家の足跡を辿る。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                       ←クリックお願いします。  
                    生涯学習ランキング

                  ホイスコーレ札幌 第20期 第7回

                  2018.05.10 Thursday 11:21
                  0

                     

                    第20期「ホイスコーレ札幌」第7回の講義は、元北海道立植物遺伝資源センター場長の関谷長昭先生による「インドネシア大豆事情」でした。第18期に続く2回目の講義でした。インドネシアで長期にわたり大豆の種子増産・研修事業にたずさわった先生は、先ずインドネシアという国について説明され、前半に大豆に関する話題、後半に生活に関する話題を取り上げられました。前半では、大豆について、インドネシアの大豆の特徴:日本と比較して、世界の大豆生産量、インドネシアでの用途別大豆消費量・大豆需給・大豆の収量・大豆の種子生産体系、日本によるインドネシア大豆種子増産・研修事業などについて講義されました。後半のインドネシアの生活では、テンペ、インドネシア語、交通機関、果物、結婚式、オランウータンなどを取り上げられ、興味深い話を聴くことが出来ました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                         ←クリックお願いします。  
                      生涯学習ランキング

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ホイスコーレ札幌 第20期 第6回

                    2018.05.02 Wednesday 23:16
                    0

                       

                       

                      第20期「ホイスコーレ札幌」第6回の講義(5月2日)は、当別町町長の宮司正毅先生による「アフリカ開発における実績」でした。三菱商事に勤めた先生は南アフリカをはじめとするアフリカ諸国で仕事をし、退職後は北海道当別町に定住しました。2013年町長に当選し、現在2期目、70歳を過ぎてからの町長です。当別町に来た理由などを含め、自己紹介、アフリカでの仕事、南アフリカにおけるアパルトヘイトと故マンデラ大統領、アフリカの経済成長について話されました。中でもアパルトヘイトの詳細と故マンデラ大統領の経歴と人となりなどについては、マンデラ自身の言葉を随所に引用しながら熱く語られました。質問に応えて、中国のアフリカ進出と日本の方向についての意見も聴くことが出来ました。また、現在の仕事から当別町活性化について具体的な取り組みの紹介がありました。

                       本日の講義には、北海道スウェーデン協会常任理事で当別町在住の坂本千鶴氏、町役場政策調整室の熊谷康弘氏、秘書の佐藤太一郎氏が参加されました。

                       当別町はスウェーデンのレクサンド市と姉妹都市であり、毎年夏至祭が行われています。今年の夏至祭は6月17日(日)で、これについて坂本氏と熊谷氏から紹介がありました。

                       講義終了後、宮司町長をはじめ全員で集合写真を撮りました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                           ←クリックお願いします。  
                        生涯学習ランキング

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      PR
                      Calender
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 特定非営利活動法人サムリブ
                        samliv
                      • 削り、取っ手を付けました。
                        英理子
                      • 北国の花いっぱい
                        加藤
                      • 北海道発 明日をひらく人々 〜未来を想像する51人〜
                        生越玲子
                      • 北海道発 明日をひらく人々 〜未来を想像する51人〜
                        川崎一彦
                      • 川崎一彦先生、リレモル先生お疲れ様会
                        生越玲子
                      • 川崎一彦先生、リレモル先生お疲れ様会
                        Lillemor & Kazuhiko
                      • ホイスコーレ札幌 第8期受講生募集
                        生越 玲子
                      • ホイスコーレ札幌 第8期受講生募集
                        川崎一彦
                      • 「川崎一彦教授を囲んで」
                        川崎一彦
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM